ネットワークビジネスは損する人が95%ってほんと?

95%以上の人が損する仕組み

Yahoo!知恵袋の質問に、こんな回答をしている人がいました。

仕組みを理解して算数計算したら95%以上の人が損する仕組みですからねえ。よほど人を丸め込む才能とバイタリティービジネスセンス無いと稼ぐのは難しいでしょうねえ

なんでそこまで言いきれるの!!と言いたい私です。

とはいえ、そういう声があることは確かならば、私としては、ネットワークビジネスで損しないための情報を提供すべきでしょうね。

さて、ネットワークビジネスで損しないために何ができるでしょうか。

 

損しない購買型とは

ネットワークビジネスには、いろんな種類がありますが、大きくは、販売型と購買型に分かれます。

一般に被害が多いのは販売型で、被害が少ないのは購買型と言われます。

購買型とは、ただただ毎月、自分の好きな製品をオートシップして、使い切るだけが参加条件のMLM

販売型との違いは、在庫をもって他人に販売することができない点です。

そのため、無用な出費をする必要がなく、損しにくいといえます。

え?

製品を買うお金も惜しい?

でも、それはおかしいですよね。

心から好きな製品を選んで購入すればいいのであって、何回か試して欲しくなくなったら別の製品に変更するか、買いたいものがなければ買うのを辞めればいいのですから。

 

販売型とは

販売型のネットワークビジネスは、販売目的で製品を仕入れることが出来るため、定価より安く(10%~50%引き)で購入できます。

そのため、新しく入った人に、アップが横槍を入れてたくさん購入させて、在庫を持たせるという悲劇が起きやすいのです。

アップの口車に乗って、製品力だけでどんどん売れると思い込み、大人買いして全部、タンスの肥やしにしてしまう。

在庫が一個も捌けなくても、ローンの支払いは待ってくれない、毎月のように引き落としに終われるなんてことに…

そんな感じで、損する人が一番多いのじゃないでしょうか。

本当に、つらいですよね。

でも、売れると信じて、大量に製品を仕入れたのは、自分なのだし、他人を恨むのはお門違い…

わかってはいても、やはり大金を払ってしまって悔しいので、

ネットワークビジネスなんて!!ということになってしまうのです。

ネットワークビジネスの仕組み

ネットワークビジネスは、主催企業が、自社の存在や製品の良さを、多くの人に知ってもらうために報酬を払うために始めた仕組みです。

お客さんを増やせない人は、ビジネスではなく、購入しているだけなのですが、たとえそうだとしても、損ということはないと思うんです。

あなたが紹介してくれたおかげで、収入を得るには至らなかったけど、こんなに素敵な製品を巡り合えた、と、感謝してもいいのではないでしょうか。

 

まとめとして、ネットワークビジネスに参加して、損しないために注意する点をまとめておきます。

ネットワークビジネスで損しない秘訣

  • 初期費用の高いところは避ける
  • アップの口車に乗らない
  • 心から好きな製品を見つける
  • 買いすぎない、在庫を持たない
  • 購入した分は、必ず使い切る
  • 絶対ダウンを作ると決める
  • ネットワークを大切にする
  • メンバーと連携してビジネスを進める
  • 無理だと思ったら、無理せず辞める
  • 規約をよく確認し、買い取り制度があれば利用する

ざっとあげると、こんなところでしょうか。

中で特に大事なのは、この仕組みを利用してお金を稼ぐと決めたら、とにかく、

なんとしてもダウンを作ること

当たり前のことですが、あなたと企業との契約は、

 自分→企業

 紹介を出すから報酬を頂戴ね

会社→自分

 紹介を出してくれたら報酬を払うよ

 

だから、ダウンを出さない限りは報酬は支払われないということを、肝に銘じてください。

また、できるだけ購買型などの損しにくいビジネスを選び、不要な出費を避けることは大事です。

また、参加するビジネスについて、自分で十分に調べましょう。

無知のままで参加して、アップのいいなりになってお金を毟りとられるようなことは、絶対避けましょう。

そうすれば、誰も被害者になることはないと思います。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法